ペット名刺も登場

最近のペットブームによって、かなり需要が増えてきたペット名刺がどのような物なのかというと、みなさんのご想像の通り、ワンちゃんやネコちゃんの名前などの情報が記載されている名刺です。
ドッグランや普段の散歩などに飼い主が持ち歩いていて、仲良くなった飼い主さんに渡したり、交換する事を目的に使用します。

ペット名刺には、ワンちゃんやネコちゃんの写真と名前、品種、マイクロチップの番号、飼い主さんの名前、飼い主さんの携帯電話の番号やメールアドレス、ブログなどのSNSのURLやアカウント名などが記載されております
犬を飼っていると同時に沢山のワンちゃんや飼い主さんとあいさつをすると、一体どの犬がどの飼い主さんなのか混乱してしまう場合もあります。
また、ワンちゃんの名前は人間の名前よりも個性的な名前が多いので覚えるのも大変です。特に、引っ越した先で犬仲間の方に少しでも早く覚えてもらおうと思っている方は、ペット名刺はかなり需要があると思います。

また、犬名刺を配っているお蔭で、何らかの衝撃などによって首輪が外れてしまった場合など迷子になってしまっても、名刺があったお蔭で、保護して下さった近所のママさんから連絡を貰えたというケースもあります。ペットを飼っている方にとってメリットの大きなアイテムだと言えます。

参考資料〔ペット名刺作成|デザイン名刺.net
ビジネス名刺だけでなくペット名刺の作成も行っている印刷会社です。

 

自分でやる名刺の作成

名刺の作成は印刷やデザインの手間や時間を考えると面倒、と思って業者さんに依頼すると思惑高かったりします。パソコンが一般家庭に普及し、ソフトやダウンロードサイトも沢山ある現代の中で、シールや名刺といったものもご家庭で簡単に作ることが可能です。

家電量販店や大型スーパーなどでも、いろいろな種類の名刺作成用の用紙が取り扱われており、会社や家庭のパソコンから購入した専用用紙の袋へ記載されている無料サイトへアクセスすれば、用紙のサイズにあったデザインで好きな名刺を作成することができます。もちろん表面だけのデザイン、両面のデザイン、どちらも可能です。

会社の名刺を作成する時には、会社のロゴなんかをお持ちであれば、デザインに挿入することもできます。自分の気に入ったデザインが安価に作成できることが、何よりの利点です。もちろん、枚数もお好みですので、余すことなく、新しいデザインに変えたくなれば作り直す、が自分のニーズに合わせてできることも魅力の一つです。

 

名刺を簡単に作成するには

名刺は、印刷屋さんに頼むもの、ではありません。いまや、オリジナリティあふれる名刺が、自宅で簡単に作れます。企業で一律のデザインを強制されているのでなければ、個性的な名刺一枚で、もらった相手に素敵な印象を決定づけることも可能なのです。イラストを入れたり、写真を入れたり、座右の銘を入れたり。おすすめはパワーポイントでの作成です。

ワードよりもさくさく動かせますし、融通が効くので、短時間に何種類かのデザインを作れるのがパワーポイント。しかし、家庭用のパソコンにはワード、エクセルのみしかない場合が多いです。その場合は、どちらでも構いません。名刺専用の用紙も売っていますし、設定さえしてしまえば、定規で測ったりすることもなく、簡単に名刺がつくれますよ。専用の名刺用紙の中には、切り取り線があらかじめ入っている便利なものもあります。切る時に、手作り感が満載だと、ちょっとビジネスシーンにはむかないのではないか、という心配も一掃されます。

色々な名刺のデザイン

名刺は大きな企業と取引をする時などは、相手の方の印象に残るような名刺のデザインにする必要があります。大きな企業の方の場合には、交換する名刺の数がとても沢山あります。その為、無難なデザインの場合には、その他の名刺に埋もれてしまう可能性があるのです。しかし、あまりに奇抜なデザインにしてしまうとふざけていると思われてしまうので難しい所です。

顔つき名刺そこで最近人気が出ているのが顔写真付きの名刺です。相手の方は何十人も対応しておりますので顔と名前が一致しない場合も出てきます。しかし、顔写真付きの名刺でしたら、顔と名前はすぐに一致させる事ができますし、しっかりと覚えてもらう事ができます。

また、顔写真付の名刺にする事によって、好感度を高める効果があります。人間は会った回数が多ければ多い程に好感度が上がる傾向にあります。その為、実際に会わなくても名刺を見るたびに、会っているのに近い効果を得る事ができます。特に営業職の方の場合には、覚えてもらって初めてスタートラインに立つ事になりますので顔写真付きの名刺はかなり効果が高いと言えます。もちろん、一般的な名刺と比べて非常にコストが高いと言う事もありますが、その効果は絶大ですので、非常にコストパフォーマンスは高いと言えます。

 

名刺の作成方法をちょっと変えて、ビジネスで活用する方法

名刺と言うと、昔から馴染みが有るのは一枚ものの名刺です。この昔ながらの一般的な名刺を使って、お客様の印象に残るように顔写真を印刷したり色々と工夫を凝らした物が有りますが、ベースになる物が一般的な名詞なので、なかなか難しいのが現実です。発想を切り替えて、一枚もので無く二つ折りの名刺を作成してみてはどうでしょうか。二つ折りにする事により外観が一枚ものと違うのでインパクトを与える事が出来、印刷スペースも二倍になり、従来の印刷内容にプラスして商品の写真や説明、自己PR文等を印刷する事が出来ます。

名刺を渡す時に、名刺の形に興味を持って貰えればそこから話のきっかけが出来たり、名刺を使ってプレゼンをしたり色々と新しい名詞の活用方法の発想が出来ます。名刺交換とはいえ、お客様と初めて会う時です。いかに良い第一印象を持ってもらえるか、また印象に残るかが、今後のビジネスの発展につながります。

ビジネスチャンスを掴むために二つ折り名刺の製作を検討してみて下さい。

今度の名刺の作成には工夫をして印象深くします

仕事の出来る方は、名刺から違うと思いました。先日、とても有名な方とお会いしました。その方は、仕事が出来ると有名な方です。その方に名刺を頂いたのですが、一般的な名刺と異なりました。まず目に飛び込んで来ましたのが、名刺が白色がベースではないという事です。それに見慣れていたからか、とても驚きました。

その方の名刺は、原色がベースだったのです。でありながら派手な印象ではなく、とても落ち着いたデザインでした。そして驚いたのはそれだけではありませんでした。その方の下さった名刺には、香りが付いていたのです。とてもいい香りでした。香りは記憶に関係すると言いますので、名刺に香りとはさすがと思いました。

私ももうじき名刺を作るのですが、工夫をしなければと思いました。どうすれば印象良く覚えて頂けるかと考えて、名刺を作成して下さる所とご相談をさせて頂いて作ろうと思います。私もいつかは仕事が出来る人と言われるようになりたいです。

名刺の持つ役割の変化

社会人になったら多くの方が持ち歩く事になる名刺は、名前と電話番号、住所や役職などが書かれた、とっても小さな自分の身分を紹介するカードです。最近では電話番号だけでなく、メールアドレスなども一緒に記載されるようになっております。また、会社に勤めるようになると会社の社名や電話番号なども入ります。基本的に会社に属している場合には、同じデザインを使用しているのですが、最近は、自由な会社も出て来ており、個人の自由なデザインの名刺を作っているような所が増えてきました。

ブログまた、最近では、会社に関係なく個人のブログをやっていたり、副業をしている方が個人的な名刺を持たれる機会も増えてきました。そういった方の多くは、実際の名前ではなくハンドルネームなどの場合があり、電話番号ではなく、ブログのURLやメールアドレスなどがきさいされております。

会社の人間関係以外の部分で自分を紹介したい時などに使用する目的で所持していますので、会社のデザインではなく、個人的に好きなデザインで利用する事ができます。名刺も単に情報を公開するという目的ではなく、自分の個性を出すために使用されているのです。また、以前には考えられませんでしたが、最近ではペット用の名刺なども登場し話題となっております。

このように最近では名刺の役割や持つ理由などがかなり多彩になってきており、利用する方の年齢なども以前よりも幅が出て来ております。そこでこちらのページでは、2017年の3月現在に置ける最新の名刺事情についてご紹介します。

 

自分をアピールする名刺の印刷

皆さんは名刺をもっていますか。名刺は自分を紹介するのと、アピールするのが目的です。名前は役職は、紹介です。自分がどこのだれで、何をしているのかを相手に伝えなければ相手も困ってしまします。また、連絡先などを記しておくと今後の繋がりや連絡にかなり役立ちます。

そして、名刺に一言。自分が目標にしていることや、自分の仕事に対する志を書いておくと、相手に自分をアピールすることができます。こうした活動により、ほかの企業とのかかわりも深くなると思います。契約を目的とする営業では、こうした印象が大切になります。いかに印象を与えて、会社をアピールするかによって業績も変わってきます。こうした名刺の印刷は専門の会社にお願いするのがいいと思います。より美しく印刷したいなら、是非依頼してみてください。いくら中身が良くても、印刷が雑なら印象は悪くなります。こうした細かいところに気づける人は、必ず成果が表れると私は思います。

名刺の変わった使い方で人脈が広がることもあります

食品の総合商社にて勤務経験があります。仕事内容は営業職でしたので、年間にかなりの枚数の名刺が必要となります。多い日では1日に20枚以上使用したこともあります。営業マンには必須アイテムとなっている名刺ですが、少しばかり変わった使い方をしていた時期もまります。

それは主に週末の仕事帰りには、行き付けのバーに足を運ぶことが、当時はいつもの行動となっていました。そのバーには同じように同世代の会社員が客として入店していることが多く、さらに店長も自身と同じ年の方だったので、お店側と客同士が共通の話題で盛り上がることがありました。そんな中でも仕事の話題になることも多くあります。

会社員同士なので、少し知り合いになると名刺交換を行うことも珍しいことではありません。経験ではその場で名刺交換をすると、交換の相手の方は、取引先の会社に勤めており、大変驚いたことがあります。立場上ではこちらがお客さんだったので、彼の会社の商品を売りさばくことに熱中したこともあります。