ペット名刺も登場

最近のペットブームによって、かなり需要が増えてきたペット名刺がどのような物なのかというと、みなさんのご想像の通り、ワンちゃんやネコちゃんの名前などの情報が記載されている名刺です。
ドッグランや普段の散歩などに飼い主が持ち歩いていて、仲良くなった飼い主さんに渡したり、交換する事を目的に使用します。

ペット名刺には、ワンちゃんやネコちゃんの写真と名前、品種、マイクロチップの番号、飼い主さんの名前、飼い主さんの携帯電話の番号やメールアドレス、ブログなどのSNSのURLやアカウント名などが記載されております
犬を飼っていると同時に沢山のワンちゃんや飼い主さんとあいさつをすると、一体どの犬がどの飼い主さんなのか混乱してしまう場合もあります。
また、ワンちゃんの名前は人間の名前よりも個性的な名前が多いので覚えるのも大変です。特に、引っ越した先で犬仲間の方に少しでも早く覚えてもらおうと思っている方は、ペット名刺はかなり需要があると思います。

また、犬名刺を配っているお蔭で、何らかの衝撃などによって首輪が外れてしまった場合など迷子になってしまっても、名刺があったお蔭で、保護して下さった近所のママさんから連絡を貰えたというケースもあります。ペットを飼っている方にとってメリットの大きなアイテムだと言えます。

参考資料〔ペット名刺作成|デザイン名刺.net
ビジネス名刺だけでなくペット名刺の作成も行っている印刷会社です。

色々な名刺のデザイン

名刺は大きな企業と取引をする時などは、相手の方の印象に残るような名刺のデザインにする必要があります。大きな企業の方の場合には、交換する名刺の数がとても沢山あります。その為、無難なデザインの場合には、その他の名刺に埋もれてしまう可能性があるのです。しかし、あまりに奇抜なデザインにしてしまうとふざけていると思われてしまうので難しい所です。

そこで最近人気が出ているのが顔写真付きの名刺です。相手の方は何十人も対応しておりますので顔と名前が一致しない場合も出てきます。しかし、顔写真付きの名刺でしたら、顔と名前はすぐに一致させる事ができますし、しっかりと覚えてもらう事ができます。

また、顔写真付の名刺にする事によって、好感度を高める効果があります。人間は会った回数が多ければ多い程に好感度が上がる傾向にあります。その為、実際に会わなくても名刺を見るたびに、会っているのに近い効果を得る事ができます。特に営業職の方の場合には、覚えてもらって初めてスタートラインに立つ事になりますので顔写真付きの名刺はかなり効果が高いと言えます。もちろん、一般的な名刺と比べて非常にコストが高いと言う事もありますが、その効果は絶大ですので、非常にコストパフォーマンスは高いと言えます。

名刺の持つ役割の変化

社会人になったら多くの方が持ち歩く事になる名刺は、名前と電話番号、住所や役職などが書かれた、とっても小さな自分の身分を紹介するカードです。最近では電話番号だけでなく、メールアドレスなども一緒に記載されるようになっております。また、会社に勤めるようになると会社の社名や電話番号なども入ります。基本的に会社に属している場合には、同じデザインを使用しているのですが、最近は、自由な会社も出て来ており、個人の自由なデザインの名刺を作っているような所が増えてきました。

また、最近では、会社に関係なく個人のブログをやっていたり、副業をしている方が個人的な名刺を持たれる機会も増えてきました。そういった方の多くは、実際の名前ではなくハンドルネームなどの場合があり、電話番号ではなく、ブログのURLやメールアドレスなどがきさいされております。

会社の人間関係以外の部分で自分を紹介したい時などに使用する目的で所持していますので、会社のデザインではなく、個人的に好きなデザインで利用する事ができます。名刺も単に情報を公開するという目的ではなく、自分の個性を出すために使用されているのです。また、以前には考えられませんでしたが、最近ではペット用の名刺なども登場し話題となっております。

このように最近では名刺の役割や持つ理由などがかなり多彩になってきており、利用する方の年齢なども以前よりも幅が出て来ております。そこでこちらのページでは、2017年の3月現在に置ける最新の名刺事情についてご紹介します。