色々な名刺のデザイン

Posted by admin on 17/03/10

名刺は大きな企業と取引をする時などは、相手の方の印象に残るような名刺のデザインにする必要があります。大きな企業の方の場合には、交換する名刺の数がとても沢山あります。その為、無難なデザインの場合には、その他の名刺に埋もれてしまう可能性があるのです。しかし、あまりに奇抜なデザインにしてしまうとふざけていると思われてしまうので難しい所です。

顔つき名刺そこで最近人気が出ているのが顔写真付きの名刺です。相手の方は何十人も対応しておりますので顔と名前が一致しない場合も出てきます。しかし、顔写真付きの名刺でしたら、顔と名前はすぐに一致させる事ができますし、しっかりと覚えてもらう事ができます。

また、顔写真付の名刺にする事によって、好感度を高める効果があります。人間は会った回数が多ければ多い程に好感度が上がる傾向にあります。その為、実際に会わなくても名刺を見るたびに、会っているのに近い効果を得る事ができます。特に営業職の方の場合には、覚えてもらって初めてスタートラインに立つ事になりますので顔写真付きの名刺はかなり効果が高いと言えます。もちろん、一般的な名刺と比べて非常にコストが高いと言う事もありますが、その効果は絶大ですので、非常にコストパフォーマンスは高いと言えます。

 

名刺の作成方法をちょっと変えて、ビジネスで活用する方法

名刺と言うと、昔から馴染みが有るのは一枚ものの名刺です。この昔ながらの一般的な名刺を使って、お客様の印象に残るように顔写真を印刷したり色々と工夫を凝らした物が有りますが、ベースになる物が一般的な名詞なので、なかなか難しいのが現実です。発想を切り替えて、一枚もので無く二つ折りの名刺を作成してみてはどうでしょうか。二つ折りにする事により外観が一枚ものと違うのでインパクトを与える事が出来、印刷スペースも二倍になり、従来の印刷内容にプラスして商品の写真や説明、自己PR文等を印刷する事が出来ます。

名刺を渡す時に、名刺の形に興味を持って貰えればそこから話のきっかけが出来たり、名刺を使ってプレゼンをしたり色々と新しい名詞の活用方法の発想が出来ます。名刺交換とはいえ、お客様と初めて会う時です。いかに良い第一印象を持ってもらえるか、また印象に残るかが、今後のビジネスの発展につながります。

ビジネスチャンスを掴むために二つ折り名刺の製作を検討してみて下さい。

今度の名刺の作成には工夫をして印象深くします

仕事の出来る方は、名刺から違うと思いました。先日、とても有名な方とお会いしました。その方は、仕事が出来ると有名な方です。その方に名刺を頂いたのですが、一般的な名刺と異なりました。まず目に飛び込んで来ましたのが、名刺が白色がベースではないという事です。それに見慣れていたからか、とても驚きました。

その方の名刺は、原色がベースだったのです。でありながら派手な印象ではなく、とても落ち着いたデザインでした。そして驚いたのはそれだけではありませんでした。その方の下さった名刺には、香りが付いていたのです。とてもいい香りでした。香りは記憶に関係すると言いますので、名刺に香りとはさすがと思いました。

私ももうじき名刺を作るのですが、工夫をしなければと思いました。どうすれば印象良く覚えて頂けるかと考えて、名刺を作成して下さる所とご相談をさせて頂いて作ろうと思います。私もいつかは仕事が出来る人と言われるようになりたいです。

Filed under 未分類

Comments are closed.